FANDOM


テンプレート:漫画遊撃宇宙戦艦ナデシコ』(ゆうげきうちゅうせんかんナデシコ)は、『月刊少年エース』1996年9月号から1999年2月号まで連載された、麻宮騎亜漫画作品。全4巻。

概要 編集

テレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』の放映に先駆けて発表された漫画作品。テレビ版とは登場人物や固有名詞などを共有しているが、設定や物語は大幅に異なり、テレビ版の原作と言うわけではない。

物語は序盤こそアニメを踏襲したような流れだが、途中からは完全に漫画オリジナルのストーリー展開となった(作者によるとアニメ放送中の間はアニメに合わせようと言う気持ちがあったと言う)。並列宇宙と言った原作には無い要素を織り交ぜつつ、原作より主人公の成長を軸に描いた作品となっている。また、原作よりも更に日本神話をモチーフとした要素が多い。最終回の最後には次回作の伏線のような演出がなされていたが、特に描かれる事は無く物語はそこで終了している。

また、「アキトが(一時的にだが)失明する」「ルリがナデシコの艦長に就任する」「ユリカが敵に拉致される」などの劇場版『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』を彷彿させるシーンも描かれている。

後に徳間書店から発売された新装版では、書き下ろし作品「宇宙戦艦カグヤ-封印された悼み-」が収録されている。

登場人物 編集

テンプレート:Main

登場兵器 編集

ナデシコ
平行世界「大和」の技術が盛り込まれ、呪術砲とよばれる武装が施されている。漫画版では破損していたディストーションブレードを改修+追加武装を加えることで以後「ヤマト=ナデシコ」と呼ばれている。
コスモス
補給と補修機能を持つドックを備えた大型艦。
零番艦「カグヤ」
ナデシコの試作艦を明日香インダストリーが買収し、国連籍に入った。艦長はカグヤ・オニキリマル。月面での戦闘で発進直後に敵艦に押しつぶされ大破。
明日香インダストリー製新型戦艦「カグヤB」
大破したカグヤに変わって登場した艦でスーパーナデシコ級、艦長は引き続きカグヤ・オニキリマル。Yユニットを標準装備し、ナデシコと同様の呪術砲機構がつけられている。
量産型ナデシコ
カグヤを元に製作された国連の量産型ナデシコ級。ナデシコやカグヤBに装備されていたYユニットや呪術砲機構はない。
エグザバイト
アニメにおける「0Gフレーム」。宇宙専用機のため脚部が無く、敵に直接高圧電流を流して破壊する武器「ハイボルト・スキッフ」を装備している。エステバリスとの互換性もあり。

CDドラマ版 編集

キャスト 編集

サブタイトル 編集

  1. 火星の形見
  2. 月の天涯
  3. 木星の大蛇

テンプレート:Manga-stubfr:Martian Successor Nadesico (manga)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki