FANDOM


イメージフィードバックシステムImage Feedback System、略してIFS)は、アニメ機動戦艦ナデシコ』に登場した架空の技術。

概要 編集

IFSは人間の思考をコンピュータに入力できるインターフェースで主にパイロットの機体操縦に用いられる。操縦者のイメージのみで操作する事が出来、煩雑な操作を簡略化する事を可能とした。

IFSは体内にナノマシンを注入し、補助脳を形成しこれによってイメージを機体へ伝える。 このナノマシン注入には不快感を伴い、またナノマシン処理中は精神が不安定になりやすく、場合によっては幻覚(幻聴)を伴うこともある。 アカツキの発言によれば、使用中も闘争本能を高める副作用があるらしい。

地球では忌避される傾向にあるが、ナノマシンのテラフォーミングによって移住を可能にした火星ではナノマシンに対する偏見がなく、重機の操作などにも用いられる(地球においてIFS処理をしている者は一般的にはパイロットと見なされている)。

また、IFS使用者には手の甲に模様のようなデバイスの媒介が浮かび上がる。

蜥蜴戦争終結後はエステバリスに代わりステルンクーゲルが主流を占める事になるが、これは高性能の学習型コンピュータを積みIFSを使わずに操縦できると言う点が受けたからである。 こう言った所からも地球でIFSに対する抵抗の強さが伺える。

なお、IFS処置していなくても対応機は動作するようで、幼少のアキトが重機を暴走させていた。

漫画『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』では、IFSに替わる新技術としてマーベリック社開発の「リアクト・システム」なるものが登場する。 手を機器に接触させることで操縦していたIFSと違い、背中のインターフェースから神経とコンピューターを接続。 感覚器官を機体のセンサーに置き換えることで、生身の身体を動かす感覚で操縦が可能な画期的技術。 ただしパイロットにかかる精神的負担は大きく、宇宙空間での戦闘が「生身で宇宙に飛び出す感覚」に感じられ 発狂したものもいる。また、爆発の強烈な光でアキトは一時的に視力を失ってしまう(治療は容易に可能な軽症であった)。 未だ新技術の枠を抜け出せず、課題があるようだ。 その後、アキトは日常的にシステムと接続することで機体とのリンクを高めて、 リョーコ達が一勝もできないほど機体を自在に操縦できるようになった。


テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki